忍者ブログ
絵本童話のふるほん“ひよこ”の日々の日記です。 読み聞かせボランティアについても書きます。 絵本や物語の好きな方、見てくださいね。
[51] [50] [49] [48] [47] [46] [45] [44] [43] [42] [41]
ごあいさつ
HN:
ひよこ
性別:
女性
自己紹介:
ようこそおいでくださいました!
絵本・童話のふるほん ひよこ 店主です。
3人の男の子がおります。
毎日大騒ぎですが、絵本も子どもも大好きです!

赤ちゃんから、小学校低学年~高学年に
絵本の読み聞かせ活動をしています。

コメントの表示は私ひよこの確認後になりますが
過去の記事へのコメントも大歓迎です♪

※絵本・本のご紹介のために
画像を掲載していることがありますが
本の画像の著作権は出版社・及び作者が有します。


カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ツイッター
最新CM
[03/27 山下マヤ]
[03/05 yuu]
[01/23 あゆみ]
[10/09 3うさの母]
[02/17 あゆみ]
バーコード
ブログ内検索
カウンター
こちらでブログを使わせていただいています♪
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 絵本童話のネットショップ 絵本・童話のふるほん ひよこ のブログです。                                       ここではひよこが参加している図書ボランティアの活動の
個人的な反省や感想、読んだ本紹介を書きます。



私が図書ボランテイアをしている小学校の
小学校2年生では学年のおわりに『スーホの白い馬』を勉強しています。
私と同年代の方では、このお話、懐かしく思い出されるかたもいらっしゃるのではないでしょうか?
スーホの馬を取り上げるとのさま、
「こんなひどいことがあっていいの??!!」
その理不尽さ、こども心に深く印象に残りました。

『スーホの~』がモンゴルのお話なので、学校のほうから
“学習の一貫として、外国のおはなしを・・・”ということで、
私が読んできたのはこの 『石をとらえたお役人』 です。

こちらは韓国の昔話です。
これがおもしろい!!

お話をちょっと紹介します・・・。

絹をうりあるく絹あきんどが、昼寝の間に大事な絹を盗まれてしまいます。
大泣きしているあきんどに、通りかかった村人は
“わたしたちのお役人さまはたいそうりっぱだから、そうだんしてみるといい”ということを勧めます。

さっそくあきんどはお役人のところへ相談にいきます。
あきんどの話をきいた、うわさのお役人、
あきんどの近くにいたのは“石仏”だけだった・・と聞いて、
“犯人はその石仏じゃ~!!”とひっとらえ・・・・

そのあと何も言わない石仏に
白状させようとせめたてるおお役人に、こどもたちは大うけ♪♪♪

“ああやっぱり、このお役人、ダメなのか??”
と、思わせておいて、最後は胸をすく結末が待っています。

スーホがとのさまにされるような、理不尽な目にあうことって
それはあります!!

でも

困っっているひとびと、
わるいことをしていないひとびとは、ちゃんと助けられる
そんな世の中であってほしい。

韓国の皆さんもそう願い、このむかし話があるのでしょうね☆

アマゾンではこちらで扱っています。
(また“ひよこ”の本ではないのですが・・・。扱っている本が少ないので!これから頑張りますっ☆)
http://www.amazon.co.jp/%E7%9F%B3%E3%82%92%E3%81%A8%E3%82%89%E3%81%88%E3%81%9F%E3%81%8A%E5%BD%B9%E4%BA%BA-%E3%83%81%E3%83%A3-%E3%83%9F%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%B3/dp/4879812196/ref=sr_1_1?ie=UTF8&s=books&qid=1272249132&sr=1-1




 
 

PR
この記事にコメントする
name
title
color
URL
comment
pass Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Powered by ニンジャブログ Designed by 穂高
Copyright © 絵本・童話のふるほん ひよこ 日記  All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]