忍者ブログ
絵本童話のふるほん“ひよこ”の日々の日記です。 読み聞かせボランティアについても書きます。 絵本や物語の好きな方、見てくださいね。
[61] [60] [59] [58] [57] [55] [54] [53] [52] [51] [50]
ごあいさつ
HN:
ひよこ
性別:
女性
自己紹介:
ようこそおいでくださいました!
絵本・童話のふるほん ひよこ 店主です。
3人の男の子がおります。
毎日大騒ぎですが、絵本も子どもも大好きです!

赤ちゃんから、小学校低学年~高学年に
絵本の読み聞かせ活動をしています。

コメントの表示は私ひよこの確認後になりますが
過去の記事へのコメントも大歓迎です♪

※絵本・本のご紹介のために
画像を掲載していることがありますが
本の画像の著作権は出版社・及び作者が有します。


カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ツイッター
最新CM
[03/27 山下マヤ]
[03/05 yuu]
[01/23 あゆみ]
[10/09 3うさの母]
[02/17 あゆみ]
バーコード
ブログ内検索
カウンター
こちらでブログを使わせていただいています♪
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 絵本童話のネットショップ 絵本・童話のふるほん ひよこ のブログです。                                       ここでは最近よんだ本や、大好きな本について書きます。

今月は私がボランテイアにいっている小学校で、
6年生最後のよみきかせの月です。

先生からはテーマのリクエストのひとつに“戦争”があげられています。
(ちょうどお勉強するんですね。)

“戦争”をテーマにした絵本はいろいろありますが、
朝のよみきかせに・・・と思うと選ぶのも考えます。

あまりむごい描写のものは避けたいな・・・とか。
こどもの元気を奪いすぎないように・・・とか。

そんななかでお友だちが紹介してくれたのが



『紅玉』  (後藤竜二作 高田三郎絵 新日本出版社)  です。

お友だちが絵本の打ち合わせ会で読んでくれたのですが、本当に素晴らしかったです!

戦後の北海道のりんご畑、美唄の炭鉱での物語、です。

戦争がおわり、丹精込めてりんご畑を育てていた“父”、
収穫のときを迎えようというとき
近くの炭鉱から労働者達が押し寄せてきます。
朝鮮や中国からむりやり連れてこられた人々です。

“父”は自分も戦争で中国大陸を連れまわされたときのことを思い起こします。
・・・日本軍は、ありとあらゆる作物を奪いとっていた。
  もっとむごたらしい光景も見た。・・・

(りんごくらい、なんだ!)
そう思う“父”でしたが、足はふわりと歩き出していました。・・・


自分達の被害に加えて加害について考えさせ、かつ人の温かさが感じられます。

小6の息子も、今回読む絵本は

「これがいい。」

と、言いました。
PR
この記事にコメントする
name
title
color
URL
comment
pass Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Powered by ニンジャブログ Designed by 穂高
Copyright © 絵本・童話のふるほん ひよこ 日記  All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]